葬儀の流れ

葬儀・個別火葬

葬儀の流れ

合同火葬

本殿にてご家族様とお焼香のお別れをして頂き、当園職員にて、24時間以内に火葬をさせていただきます。その後、当園供養塔にてお参りもして頂けます。

葬儀の流れ

ペットが亡くなってから葬儀までの間、どのようにしたらよいのですか?

ペットの体を清めてあげてください

首輪等を外し、目や口を閉じてあげます。また、お湯で濡らした布やタオルなどで体を清めてあげて下さい。その後ドライヤーでしっかりお体を乾かし、ブラッシングなどで毛並みを整えてあげましょう。 犬や猫など小さな動物の死後硬直は、季節や気温によりますが、だいたい2時間程度で始まります。 硬直してしまうと、棺やケースに収める時に手足がきちんと入らなくなってしまいます。手足はなるべく胸のほうに優しく折り曲げて自然な姿勢にしてあげてください。 硬直中は、身体を無理に曲げると関節が外れることがありますのでご注意ください。

遺体から体液が出てきてしまうことがあります

時間が経つと鼻や口、肛門から血液や汚物が出てくることがありますがごく自然な現象です。ガーゼなどで拭き取って綺麗にしてあげてください。その後、脱脂綿などを詰めてあげてください。

死亡後の体温の低下に伴い、体に付いていたノミなどが外に出て来ます  ください。(使用したタオル等は処分してください)。室温の高い場所や暑い季節は、遺体の痛みを防ぐため保冷剤を頭やお腹の下に入てあげてください。 なるべく涼しいお部屋に御安置することをお薦めします。

亡くなったペットを霊園に運ぶ際は

ペットをタオルなどに包んで段ボールなどの箱やキャリーケースに入れて霊園へお連れ下さい。お迎えをご希望の場合はタオルやシーツに包んでお待ち下さい。(その際、箱から体液などが染み出ないようにビニール製のシートなどを下に敷いておくことをお薦めします。)